コピペ効率化で作業をスピーディに[クリップボード活用法]

「過去にコピーしたテキストをすぐペーストできたらいいのにな…」

コピー&ペーストはパソコンで作業をする上で欠かせない機能ですよね。この機能を、もっと効率的に使えたらいいのになと思ったことはありませんか?

「何個か前にコピーしたテキストをペーストできたらいいのに」
「いちいちコピーするためにページ移動するの面倒だな」
「よく使う定型文はメモにストックしているけど、もっと簡単にペーストできたらいいのに」

デフォルトのクリップボードだと、コピーしたテキストは一つしか履歴が残らないので、もっと以前にコピーしたテキストを使いたい時は、またコピーし直さないといけないので手間がかかってしまいますよね。

今回ご紹介するツールや機能を活用することで、過去にコピーした項目もクリップボードに履歴として残しておくことができるようになり、コピー&ペーストをより効率的に活用することができます。

MacとWindowsでツールが異なるので別々にご紹介します。

Macの場合

macの場合は、「Clipy(クリッピー)」というアプリを使用します。下記リンクからダウンロードできます。

Clipyバナー
クリックするとClipyのサイトに飛びます。

<メリット1>過去にコピーした項目をすぐペーストできる。

インストールした後に、ペーストしたい場所で「shift+command+V」を押すと下記のような画面が表示されるようになります。

clipy

 
 「履歴」の項目に表示されている数字にマウスを持っていくと過去にコピーした項目が表示され、テキストを選択すると、貼り付けることができます。

clipy2
 

履歴に残す数は設定画面で任意の数(最大100個)を設定することができます!以前コピーした項目を好きなだけ履歴に残せておけるので安心ですよね。

Clipy設定画面
Clipyの設定画面。クリップボードの履歴では最大で100個まで履歴を残すことができます。

<メリット2>よく使う文章や定型文をすぐにペーストできる。

Clipyではスニペット登録をすることができるので、コピーした文章以外の項目もすぐにペーストできます。

例えば、メールの定型文などをスニペットに登録しておくことで瞬時にペーストすることが可能になります。

clipy4
 

他にもよく使う挨拶文や区切り線をストックしておくと、長文を書く手間などが省け時短になります。

長文の定型文などはメモにストックしている方もいるかもしれませんが、Clipyのスニペットを活用することでショートカットキーの移動だけでペーストすることができるのでとても便利です!

Windowsの場合

Windowsの場合は、ショートカットキーで「windowsキー+V」を押すと、以下のような画面が表示されるので「有効にする」をクリックするだけです。

windowsクリップボード1

 
もしくは、「設定>クリップボード」で「クリップボードの履歴」をオンにすると使えるようになります。

windowsクリップボード設定画面

<メリット1>デフォルト機能を有効にするだけ!

Windowsの場合は、先ほど説明したように、アプリをインストールする手間もなくデフォルト機能を有効にするだけで使えるのでとても簡単ですね。

ただ、Windowsのバージョンによっては使えない場合があります。その場合は「Clibor」というアプリをインストールすることで、クリップボードに履歴を残せるようになります。

下記サイトからダウンロードすることができます。簡単にダウンロードでき、操作も簡単なので使ってみてください!

「Clibor」ダウンロードサイト

<メリット2>ショートカットキーですぐ表示できる。

設定を変更したら、貼り付けたい場所で、「windowsキー+V」を押して項目を選択するだけで過去にコピーした項目をペーストできるようになります。
とても簡単ですね…!

windowsクリップボード2

<メリット3>よく使う文章はピン留めで固定できる。

よく使うテキストやデータはピン留めしておくのがおすすめです。ピン留めしておくと固定され、データクリアや再起動を行なっても残しておくことができます。

windowsクリップボードピン留め
「ピン留めをする」を選択すると、履歴に固定されるようになります。

まとめ

コピー&ペーストは日常的によく使う機能だからこそ、効率的に使えるようにしておくことで、毎日の小さなストレスを減らすことができ、よりスピーディーに作業を進められるようになると思います。

とても便利なので、ぜひ使ってみてください!

作業時間を計測して仕事効率を改善![Toggl Track]

在宅での作業時間の管理できていますか?

「会社ではなく自宅にいるとどうしても気が緩んでしまって、出社していた時よりも仕事の効率が落ちてしまった…」という方は少なくないのではないでしょうか?

最近では在宅勤務の制度を取り入れる企業も多くなってきました。そこで、在宅ワークの問題の1つが作業の時間管理です。

そこで今回は、仕事時間を管理して作業の効率化を図るのに役立つ「Toggl Track」についてご紹介していきたいと思います。

Toggl trackとは?

Toggl trackはWebサービスの1つで、1日の各作業にかかる時間を計測し、視覚化することが出来るツールです。

使い方は至ってシンプル。作業を開始すると同時にタイマーをスタートさせ、作業が終わったらタイマーを止めるだけ。これを各作業毎に繰り返していくことで、どの作業にどれくらいの時間がかかっているのかを可視化することが出来ます。

Toggl trackには有料版と無料版がありますが、無料版でも十分に作業効率アップの手助けになりますのでオススメです。

Toggl trackバナー
クリックするとToggl trackのサイトに飛びます。

Toggl Trackを使用することで、以下のメリットを得ることが出来ます。

1.どの作業で躓いているのかが分かる

Toggl Trackを使って各作業の時間を計測することによって、以下を可視化できるようになります。
・自分がどの作業で時間を多く消費してしまっているか
・どの時間帯に作業が遅くなっているか

一言に作業効率化と言っても、どこが悪いのかが分からなくては改善のしようがありませんよね?Toggl trackを活用することで作業のどの部分を改善すればいいのかが明確になるので、より効果的に効率化を図ることが可能です。

また、作業のやり方などを変更した際に、過去のやり方に比べてどれくらい効率化出来たのかが分かるというのもポイントです。

2.時間を測定することで気が引き締まる

Toggl trackは作業時間を計測するツールです。

「自分の作業時間が測られている」という意識が芽生えるため、自然と気が引き締まって作業に集中出来るようになります。

Toggl trackの使い方

次はToggl trackの使い方についてご紹介していきます。
無料登録をするだけで誰でも使うことができます。

1.アカウントを作成

Toggl trackバナー
クリックするとToggl trackのサイトに飛びます。

Toggl Trackのサイトへ行き、「sign-up for free」をクリックすると情報入力のページが表示されます。メールアドレスやパスワードを入力し「sign up」をクリックします。これだけで無料登録は完了です。

toggle手順1
「sign-up for free」をクリック
toggle手順2
メールアドレスやパスワードを入力し、「submit」をクリック

2.タスク名を入力して作業時間の計測を開始

Toggl trackを開いたら「What are you working on?」と表示されている部分にタスク名を入力し、画面右上のボタンを押して作業時間の計測を開始しましょう。

toggle手順3
「What are you working on?」と表示されている部分に自分のタスク名を入力し、画面右上のボタンをクリック

作業が終わったら停止ボタンをクリックして計測を停止します。

より正確なデータを取るためには、タスクを細かく分けてそれぞれ計測していくのがいいでしょう。

3.「Report」で作業時間を確認

タスクを登録して、時間を計測しながら作業するという流れを1週間程度続けたら、次は「Report」から各タスクの作業時間を確認してみましょう。

toggl track レポート

「Report」では各タスクの作業時間を期間毎に分けて確認することができ、様々なデータを得られます。

・どの作業に一番時間がかかっているのか?
・どの時間帯に集中力が途切れてきているのか?
・改善策を講じた結果、どの程度作業効率がアップしたのか?

また、Toggl trackは他のメンバーを招待してデータを共有することも可能なので、自分だけではなく他の人の作業効率の改善にも役立てることが出来るのもポイントです。

まとめ

Toggl trackは無料で利用することができ、使い方もシンプルなので、時間管理をするのが苦手な方やより作業効率を高めたいという方に是非オススメしたいツールです。

あなたも今すぐ、Toggl trackを活用して作業効率を高めていきましょう!

複数SNSの運用をもっとラクに![Hootsuite]

複数のSNSをそれぞれ投稿するの手間だな…。

Instagram、Twitter、Facebook、YouTube…
SNSの影響力が強い今、複数のSNSを運用されている方も多いのではないでしょうか。

複数のSNSを運用していると、個別に投稿するのがめんどうだったり、管理するのが大変だったりすることはありませんか?

Hootsuite(フートスイート)というサービスを使えば、複数のSNSを一元管理できるようになるのでSNSの運用が格段に楽になります!

Hootsuiteとは?

Hootsuiteとは、下記ソーシャルサービスを一元管理できるサービスです。
Facebook / Twitter / Instagram / Linkedln / YouTube / Pinterest

複数のSNSを一元管理することで手間が省け効率よく運用できるようになります。

Hootsuiteバナー
クリックするとHootsuiteのサイトに飛びます。

メリット1.複数のSNSをまとめて投稿ができる。

簡単に複数のSNSをまとめて投稿することができます。個別にアプリを開いて投稿を作成して…という手間が省けるのでスムーズに回せるようになりますね。

まとめて投稿1
まず、左側の赤枠のアイコンを選択して「投稿」をクリックします。
まとめて投稿2
投稿編集画面が開くので、投稿するアカウントを選択して設定を行い最後に「Post now」をクリックするだけ!

まとめて投稿予約することも可能です!
カレンダー形式なのでいつ投稿予約されているか確認しやすく、過去のスケジューリングを振り返ることもできます。

スケジューリング1
カレンダーアイコンを選択すると、投稿予約を確認できるようになります。
スケジューリング2
複数のSNSをまとめて予約できるのでとても便利ですね!後から個別に編集することも可能です。

メリット2.複数のSNSを同時にモニタリングできる。

Hootsuiteでは、複数のSNSをダッシュボードで並べて見ることができます。

どのSNSでどんな投稿をしたのか、どんな会話が繰り広げられているのか一目で把握できるようになります。

Hootsuiteダッシュボード
無料プランだと3つまで連携可能で、有料プランだと無制限に連携することができます。

 
各SNSごとに分けてモニタリングすることも可能です。
Twitterの場合は、フォローしているアカウントのツイートや、投稿予約しているツイートが一目で確認できるので、いちいち画面を変えて確認する手間が省けますね。

Hootsuiteダッシュボード
Twitterのみのダッシュボード画面。他にもいいね!した投稿のボードなども追加できます。

メリット3. 無料で使える!

メリット1、2でご紹介した「ダッシュボード機能」「予約投稿機能」は無料登録すると利用できます。有料プランにするとさらに解析機能が使えるようになります。

登録画面は英語なので簡単に登録手順を紹介します。
登録画面は英語ですが、ダッシュボードは日本語対応になっています。

【手順1】 「Sign Up For Free Plan」をクリックします。

【手順2】 「No Thanks,I Want The Free Plan」をクリックします。

【手順3】 氏名、メールアドレス、パスワードを入力します。

【手順4】 連携するSNSを選択すると、ログイン画面が開くので、ログインをして「続ける」をクリックします。

【手順5】 連携設定ができたら「続ける」をクリックすると完了です。

まとめ

複数のSNSを運用していると手間が多く後ろ向きな気持ちになってしまうかもしれませんが、Hootsuiteを活用することでSNS運用をよりスムーズにできるようになるのではないでしょうか。

ぜひ使ってみてください!

画像の文章を簡単文字起こし![Google Drive活用法]

文字がコピーできない!
仕方ないから手打ち入力するしかないな…

入力しなければいけないデータがJPG、PNG、PDF、スキャンされたものなどで文字をコピー&ペーストができない時ありませんか?こういった場合、仕方なく手打ち入力している方も多いのではないでしょうか。

また、この本の文章使いたいな!と思った時や、名刺の情報を入力したい場合などもコピーはできず、手で打つしかありませんよね。文字数が多いと結構時間がかかってしまい大変ですよね。

そんな時に使える、文字起こしの機能がGoogle Driveにあるのはご存知でしょうか?

googleドライブ
クリックするとGoogle Driveに飛びます

Google Driveはファイルの保管などで使われている方も多いと思いますが、文字起こしの機能もあるんです!

例えばこんな長文画像があったとします。

長文画像
これも見ながら手で打つとなると、中々面倒くさいですよね。。。そういう時はGoogle Driveで文字起こしをしてみましょう!
 

1.文字起こししたいデータをGoogle Driveにアップロードします。

以下を気を付けることで、より正確に文字起こしをしてくれるようになります。

  • ファイルサイズを2MB以下にする
  • 文字の高さが10px以上の画像を使う
  • 画像の向きが間違っている場合は回転してなおす
  • コントラストがはっきりした画像を使う

文字起こし 手順1

2.アップロードしたデータを右クリックし、「アプリで開く」から「Googleドキュメント」を選択します。

文字起こし 手順2
 

3.Google ドキュメントで開かれると文字起こしが完了しています!

文字起こし 手順3
 
このようにGoogle Driveでは簡単に文字起こしすることができます。

線などのいらないものなどが入ってしまうこともありますが、その場合は削除しましょう。文字起こしされた後は念の為、誤字脱字がないか目を通しておくのも大事です。
 

まとめ

今回はGoogle Driveの文字起こし機能についてご紹介しました。これなら本の内容や、名刺なども文字起こしをして楽に入力することができます。面倒な手打ち入力がなくなることで、大幅に時間短縮できること間違いなしです!

ちなみに以前、ボイスメモを自動でテキストへ変換してくれる機能についても紹介しているので、よかったらこちらも合わせてお読みください。

[iPhone・スマホ]音声入力で文字おこしにサヨナラ!

仕事の効率化や時間短縮などに文字起こしを是非活用してみてはいかがでしょうか?

twitter運用を効率化したい…そんな時には[whotwi]で分析!

どうやったらフォロワーが増えるんだろう?

10~40代で幅広い年代のユーザーが集まっているTwitter。情報の拡散力が強く、もしもバズると何万、何十万の人に一気に目に留まることもあります。また、今起きていることがすぐ話題になるリアルタイム性もtwitterの特徴です。

うまく利用できれば宣伝効果が見込めたり、自社認知度を上げたりファンを増やしたりすることもできます。

ただ、思うようにフォロワーが増えなかったり、宣伝効果などが出ず悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そんな時にはうまくいっているアカウントを分析し、自分のアカウントには何が足りないのか、何を参考にしていくのか施策を立てることが効果的です!

今回はそんな時に活用できる、twitterアカウントを無料で分析できるツールをご紹介します!

twitter分析ツール[whotwi]

whotwi
クリックするとwhotwiに飛びます

whotwiでは主に以下の項目が分析可能です。

  • 人気ツイートやツイートの傾向
  • 投稿の時間帯
  • 投稿内容
  • よく使うハッシュタグ
  • 誰とよくコミュニケーションをとっているか

それではさっそく分析してみましょう!
 

1.分析したいアカウントのIDを入力します。(自分のアカウントも分析可能です)

分析する対象のアカウントは自分と同じジャンル、または近いジャンルのアカウント、フォロワー数が自分よりも多いアカウント、などが参考にしやすくおすすめです。

分析したいアカウントが分からない時は、[ツイプロ]というツールでアカウントを見つけることもできます。
ツイプロ→https://twpro.jp/

ツイプロではキーワードを指定すると、そのキーワードをプロフィールに含むアカウントを一覧で抽出してくれます。キーワードのほかにも地域、年齢、職業、趣味などからもユーザーを探すことが可能です。
分析対象などを増やしたい時などにも活用してみてください。

whotwiの検索欄にtwitterアカウントIDを入れると分析結果が表示されます。
whotwi検索

〇〇はこんな人!

一日のツイート回数、最も活発な時間やその他いろいろな平均を教えてくれます。
他のアカウントなどと見比べることでツイート数や文字数などをもっと増やすべきだな、などの今後の改善点も見つけることができます。

whotwi03
 

仲良しの人たち

誰とよくコミュニケーションをとっているか知ることができます。
あの人とあまり話せてないからもっと活発的に交流するようにしないと、などの気づきが見つかることもあります。

whotwi仲良しの人
 

ツイート傾向

・メンションかひとりごと
・リンク付きかリンクありか
・メディア付きかメディアなしか
・リツイートかリツイート以外か
の割合をを円グラフで分析してくれます。

リンク付きのツイートが多く出ていると宣伝や何か共有を多くしていることが分かったり、メンションが多かったりするとコミュニケーションを多く取っているということが分かったりもします。

whotwi04
 

ツイートする時間帯や曜日の傾向

時間帯や曜日別のツイート数を媒体別やSNS管理ツール別に分析してくれます。これを見るとどの時間帯や曜日に、どの媒体、どのSNS管理ツールで投稿しているのかを知ることができます。この分析からは16時にHootSuiteというツールで一番投稿していることがわかります。

投稿時間はフォロワー増加に大きな影響を与えるため、投稿時間を意識することは大事です。いろいろなアカウントを分析してみて、参考にできる部分はどんどんしていきましょう!

whotwi05
 

よく使うことば

これを見るとどのような言葉をよく使っているか一目瞭然です。ターゲットは何なのか、そのユーザーにとって本当に価値のあるコンテンツを発信できているかなど確認することができます。

「もっと見る」を押すとと品詞別でよくつかうことばをリストアップしてくれます!

whotwi06
 

フォロー状況分析

・両想い=お互いにフォローしている(相互フォロー)
・片思い=自分はフォローしていて相手はフォローしていない状態
・片思われ=フォローされていて、自分はフォローしていない状態
・モテ度=フォロワー数/フォロー数
・フォロー返し率=フォローを返した割合。両想い/フォロー数
・フォロー返され率=フォローを返された割合。両想い/フォロワー数
・FF比=フォロー数/フォロワー数(モテ度と似ています。)
の項目を分析してくれます。

whotwiに自分のアカウントでログインすると、その場でフォローをしたり外したりすることもできるので、フォロー整理なども効率化することができます。

whotwi07
 

ハッシュタグ

よく使うハッシュタグを一覧で出してくれます。ハッシュタグはフォロワー以外のユーザーにツイートを見てもらいやすくなります。フォローしてもらいたいユーザーが好みそうなハッシュタグや、トレンドタグ、オリジナルタグをつけることが大事です。競合はどのようなハッシュタグをつけているのか分析し、研究してみてください。

whotwiハッシュタグ
 

クライアント

使っている媒体やSNS管理ツールの割合をだしてくれます。
フォロワー数が多いアカウントの使っている管理ツールなども分かるので、同じものを使ってみるのもいいかもしれません。

whotwi08

まとめ

今回はtwitter分析ツール[whotwi]について紹介してきました。whotwiでは自分のアカウントも分析することができるので、反応がいいものや問題点などを分析し、今後の運用に役立てることができます。

自社より伸びている競合がいた場合、自社との違いを明確化し、研究することで解決策も見えやすくなってくるのではないでしょうか。

成果を出すためには、分析と改善が必要です。その過程を少しでも楽にしたい!という方は是非分析ツールを活用してみてはいかがでしょうか。

周りと差をつけるQRコードを作成![WEBSITE PLANET]

QRコード、全部同じに見えませんか??

最近、至るところで見かけるQRコード。連絡先の交換、キャッシュレス決済などでもQRコードを使う機会がある人は多いのではないのでしょうか。

そんな巷に溢れているQRコード、全部同じように見えますし、並べられてもどれがどれだか分かりませんよね。

もしも他と違う珍しいQRコードだと、目に止めてもらいやすくなり、スキャンしてもらえる確率も上がるのではないでしょうか…!!また、オリジナリティ溢れるQRコードだと、見ただけでどこのものか分かってもらえます。

ですので、今回はちょっと周りと差がつくQRコードを[WEBSITE PLANET]で作成する方法を紹介したいと思います!

WEBSITE PLANETのQRコード作成ツール

WEBSITE PLANET
クリックするとWEBSITE PLANETのQRコード作成ツールに飛びます

WEBSITE PLANETのQRコード作成ツールは
・無料で高画質なQRコードを簡単に作成できる
・他のものよりカスタマイズ性に富んでいる
という特徴を持っています。

それではQRコードを作ってみましょう!
 

1.コンテンツの種類を選択し、URLを入れる

WEBSITE PLANETでは様々な種類のコンテンツから選択することができます。
この中から作りたいコンテンツの種類を選択し、QRコードにしたいURLを入れます。

QRコード作成手順1

 

2.デザインをカスタマイズする

・色を変更
色のコントラストが薄いと読み込みにくいQRコードになってしまいます。ですので、QRの色と背景の色はコントラストがハッキリするような色を選択をしましょう。

QR作成手順2

・ロゴを追加
ロゴも様々な種類から選択することができます。使いたいロゴファイルがある場合は左の「ロゴを追加」から追加できます。

QRコード作成手順3

・枠を追加
枠の色と枠の種類を設定します。

QRコード作成手順4
 

3.編集が終えたら「QRを作成」ボタンで作成

QRコード作成手順5
 

4.QRコードをダウンロードする

png、jpeg、svgからダウンロードしたいファイル形式を選んでダウンロードします。
QRコード作成手順6

なすすべのQRコードが完成しました!

なすすべQRコード

ダウンロードしたQRコードはサイト、ランディングページ、メールマガジンなどに直接埋め込んだり、名刺やチラシなどにも印刷できたりします。
 

まとめ

今回はWEBSITE PLANETのQRコード作成ツールについて紹介してきました。いかがでしたでしょうか?
よくある白黒のQRコードと比べると目を引くものになったのではないでしょうか!

WEBSITE PLANETのQRコード作成ツールはいくつでもQRコードを作成できますので、気になる方は是非活用してみてくださいね!

インスタの#ハッシュタグ何つけよう…そんな時には[ハシュレコ]

ハッシュタグ、活用できていますか??

今まで情報を探すときは、インターネットで検索する「ググる」が主流でした。
その一方近年では、SNSのハッシュタグから情報を収集する「タグる」が急激に増加しています。
特にインスタグラムは他のSNSと比べてハッシュタグ文化が強く、ハッシュタグをいかに活用するかがいいねやフォロワー数を伸ばす鍵になってきます。

ただ何をつけたらいいかわからない…そんな時、役に立つのがハシュレコです!

ハシュレコって?

ハシュレコとは、キーワードを入力するとおすすめのハッシュタグを教えてくれる無料のレコメンド検索ツールです。

ハシュレコ
クリックするとハシュレコのサイトに飛びます

使い方はとても簡単です!
 

1.キーワードを入力

検索窓にキーワードを入力すると、以下の画像のようにずらっとおすすめのハッシュタグが出てきます。

右のアイコンを押すと実際にハッシュタグの投稿を見ることができます。

キーワード入力画面

2.ハッシュタグを選択する

ハッシュタグ選択
SELECTED・・・選んでいるハッシュタグの数。
インスタグラムのハッシュタグの限度数は30個までですが、多すぎるとリーチされづらくなるので、10~12個ほどがオススメです!

SCORE・・・選んでいるハッシュタグのエンゲージメント率(投稿に対してどれだけのユーザーが反応したかの割合)を元に算出したスコア。
スコアの値が高くなるほど高いエンゲージメント率が期待できるので、それに合わせてハッシュタグを選んでみてもいいかもしれません。

3.ハッシュタグをコピーして投稿欄に貼りつけ

ハッシュタグを貼り付けた投稿画面
これでハッシュタグの設置が完了しました!
このように、ハシュレコでは直感的に操作しながらハッシュタグをつけることができます。

まとめ

ハッシュタグはうまく活用することによって、認知向上やファンを獲得することにも役立ちます。

さらに、有名な企業のアカウントやインスタグラマーがどんなハッシュタグを使っているか研究することで、より最適なハッシュタグを見つけられるようになるのではないでしょうか。

「ハッシュタグを活用し可能性の幅を広げたい!でもどんなハッシュタグをつけたらいいかわからない…。」という方は是非使ってみてください!

煩わしい3社間以上での日程調整を解決![eeasy]

ビジネスでの日程調整、意外に手間取りませんか?

まずは自分のスケジュールを確認し空いている時間をリストアップ。
そして候補日を提出し返答してもらう、という手順で日程調節をされている方が多いのではないでしょうか。

相手の返信を待つ必要もあり、何往復もやりとりすることで多くの時間を取られてしまったり…
そして同席者が増えれば増えるほど作業コストも増加します。

日程調節の無駄な時間を削減し、他のことに回せる時間を捻出したい…!!
そんな時に役立つのが日程調節ツールの「eeasy」です。

eeasyのアイコン
クリックするとeeasyのサイトに飛びます

eeasyって??

eeasyは、Googleカレンダー・Outlook予定表と連携することで、空き日程を自動判定し、ビジネス上の日程調整を自動化・半自動化するサービスです。

〜活用例〜
・営業でのアポ調整
・人材採用における面接調整
・3社間以上での日程調整
 

調整はURLを相手に送るだけ!

基本的な流れは
予定に合わせて調整機能でURLを発行

URLをメール、slack、chat workなどで送信

あとは返事を待つだけ!

調整を受けた相手は送られてきたURLにアクセスし、都合の良い日程を選択します。※相手はeeasyユーザーでなくても大丈夫

3社間以上、複数人との日程調節でもURLを送るだけでOK!何往復も連絡する必要がないので大幅な時間短縮になります。
もしみんなの都合が合わない場合も、再調整の依頼をしてもらえるので安心です!

再調整の依頼画面

 

決まった予定は自動でカレンダーに入力されます。記入漏れがないのでダブルブッキングすることもなく、複数の調整も同時並行できます。

カレンダーに自動挿入された画像

 

そしてeeasyには「予約受付ページ」「カスタム調整」の2つの調整機能があります。この2つのどちらかでURLを発行します。
どちらとも相手に表示される候補日程は設定した条件にマッチした空き日程だけです。

予約受付ページ
・ちょっとしたミーティング用
・面接用
・ZOOM会議用
など、お決まりの日程調整パターンを常に同じURLを送るだけで調整できる機能です。

カスタム調整
・今回だけ土日も候補に
・今回だけ上司にも同席してもらう
・空き日程の一部だけ
などイレギュラーな日程調整の時に1回限りのURLを発行し調節する機能です。

 

Zoom・Google Meet・Teams と連携可能!

コロナ禍で増えたリモート会議の日程調整にも活用することができます。
日程調整が完了するとZoom側のスケジュールにも登録され、Web会議用Zoom-URLの発行までしてくれます。
Zoomを使う方はメニューにある「シーン設定」の「電話/Web会議」の特別設定の部分からZoomを有効化し、選択しておきましょう。

シーン設定

zoom有効化画面

 

様々なことが自動化・自動調整できる

他にもeeasyでは
・面接場所・面接方法の調整  … 例:本社面接 or Web面接
・会議室の確保
・面接官の割り振り
・調整後の追加連絡  … 例:履歴書の送付依頼、アンケートのお願い
・キャンセル・リスケの調整
・前後の移動時間も自動考慮

なども自動化したり調整することが可能になっています。

移動時間
eeasyでは移動時間も考慮し自動調整することができるので、自分で計算する手間も省けます。

 

まとめ

今回は日程調整ツール「eeasy」についてお話してきました。
意外に時間を取られてしまう、仕事での日程調整。
このような時間を削減し、他のことに時間を回したい!という方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

認知拡大から購買行動までスムーズに。Instagram[リール]

「リール」機能、活用できていますか?

2020年にリリースされたInstagramの「リール」機能。

聞いたこともあるし、リール動画を見こともあるけれど、いざ活用するとなるとどうしたらいいのか…。そんな方も多いのではないでしょうか?

リール機能を活用することでさらに多くのユーザーに自社サービスや商品をリーチすることができます。

またショッピングタグをつけることで、ユーザーを離脱させることなくスムーズに商品購入まで誘導することが可能になります。

  

そもそも「リール」って何?

リールとは、15~30秒の動画を閲覧・作成・投稿できるInstagramの機能です。
プロフィールのリールタブ、発見タブ、フィードに表示されます。
 
リールの表示場所

リールの動画を見ているとTikTokを連想しますが、TikTokとはユーザーの年齢層や使い方が異なります。

TikTokでは中高生である10代がメインユーザーで遊ぶことを目的に利用されていますが、Instagramのリールは20~40代のSNSで興味関心のある事柄や商品・サービスについて情報収集をしているユーザーが圧倒的に多いのでより購買意欲のあるユーザーにリーチすることができます。

メリットは他にもあります。

メリット1.より多くのユーザーにリーチできる

リールはプロフィールのリールタブ、発見タブ、フィードなど表示される箇所が多いので、ユーザーの目に留まる機会が多いという特徴があります。

特に「発見タブ」に表示されるとフォロワー以外のユーザーに自分のコンテンツを見てもらえる可能性が高まり、より多くのユーザーにリーチすることが出来ます。

発見タブ
虫眼鏡マーク(発見タブ)を押すとAIが選別したおすすめ投稿のなかにリールも表示されます。

また、15~30秒という短い動画なのでユーザーを飽きさせることなく自社に興味をもってもらえるというメリットもあります。

メリット2.購買行動へつなげられる

リールにはショッピングタグをつけられます。

ショッピングタグをつけることで、リールをみて商品に興味を持ったユーザーを商品購入までスムーズに誘導することができます!
 
GoProの事例

メリット3.訴求力が高い

リールは静止画に比べて表現が豊かになり訴求力が高くなります。

商品やサービスの紹介など動画で見ることでさらに使用イメージをしやすくなり、ユーザーの購買意欲を掻き立てることができます。

  

まとめ

Instagramは画像・動画を投稿して日常をシェアするだけでなく、ビジネスのEコマース事業をサポートするためにさまざまな機能の開発が進められおり、ビジネスやマーケティングやブランディングに欠かせないSNSに進化しています。

また、Instagramではリールを含めストーリーやIGTV(Instagramテレビ)などより訴求力の高い動画コンテンツの需要が高まっています。

動画ってなんか難しそう。。。って思ってる方でも、リールなら簡単に操作できるように機能が充実しています。
まずは動画発信の入り口としてリールから始めてみるのどうでしょうか。

百聞は一見に如かず!?動画で社員教育を効率化しよう![YouTube]

「このツールの使い方、この間も別の子に教えたな・・・。」(←指導者の心の声)

チームや部署内において後輩や新人への指導はつきもですが、人数が増えれば増えるほど、質問の数も増えていきます。

「これこの間も説明したんだけど」
「さっきも別の子に説明したな」
「説明してたら、すぐに1時間経っちゃった」
「これ来年も同じこと繰り返すのか・・・(ため息)」

ただでさえ忙しいビジネスマンの皆さん。ツールの説明に時間を取られてイライラしていませんか?でも、それが理由で社内の人間関係がギスギスするのは良くありませんよね。

そこでご提案するのは皆さんよくご存知の「YouTube」!YouTubeにツールなどの操作方法を録画した動画をアップして、後輩指導の為のマニュアルを作ってみてはいかがでしょうか?

youtubeロゴ
画像クリックでyoutubeのページにジャンプします。

「社内のYouTube見ておいて!」で片付く社員教育。リモートワークにもオススメ!

YouTubeを利用することで、得られるメリットは皆さんもう既に理解していらっしゃるのではないでしょうか。一度動画をアップしてしまえば、「いつでも」「どこでも」「何度でも」見放題な訳ですから、複数の後輩に何度も同じ事を教える必要がなくなるということですね。

教えてもらう後輩も「忙しそうなのに聞きずらい」「一度教えてもらったのに忘れてしまった」という気まずさが無くなります。

困ったらまずはYouTubeをチェックする!という習慣をつけることで、教える側も教えてもらう側もどちらの負担も軽減されるのではないでしょうか。

業種別オススメ録画方法

●製造業など工場で行う機械操作・・・スマホでの動画撮影がオススメ。
●PCやスマホでのツールやアプリ操作・・・画面録画機能を利用するとわかりやすいですよ!

↓画面録画機能ではこの様な動画が撮れます。画像縮小ソフトの使用風景を画面録画機能で説明しています。

YouTubeでのマニュアル作成、ここだけは押さえておきたい2つのこと。

YouTubeに動画をアップロードする事自体は難しいことではありません!マニュアル用に社内で共有出来るGmailアカウントがあれば準備OK。

そこで動画をアップロードする際の基本的なポイントを2つ程下記に紹介してみました。YouTubeを使用するのが初めての方はぜひご一読ください!

アップロードの仕方はなすすべの過去記事を参考にしてみてくださいね!
↓↓↓↓↓
YouTubeって簡単!

【その1】再生リストの作成

マニュアル動画も数が増えていくほど探している動画を見つけにくくなります。そこで「再生リスト」を利用し、ツールの種類や業務内容によってジャンル分けを行いましょう。見たい動画にすぐに辿り着けることで効率化を図れますね!

1.まずは管理画面へ

ご自身のYouTubeのTOPページから、[アイコン] もしくは [チャンネルをカスタマイズ]をクリックし、管理画面へ。
YouTube再生リスト1

2.再生リストの登録

サイドメニューの再生リストをクリックし、右上の新しい再生リストをクリック。
YouTube再生リスト2

再生リストのタイトル入力と公開設定を行い再生リストを作成します。
YouTube再生リスト3

3.再生リストの選択

再生リストの選択は、「動画をアップロードする時」でも「動画をアップロードした後」どちらでも行えます。

アップロードした後の動画の場合は、左のサイドメニュ>コンテンツから任意の動画をクリック。編集画面に飛ぶので、そこで再生リストを選択することが出来ますよ。
YouTube再生リスト4

↓編集画面
YouTube再生リスト5

【その2】「限定公開」機能で社外秘を守る

YouTubeのプライバシー設定は基本的には下記の3つから選択することが出来ます。

1.公開:全てのユーザーが視聴可能
2.限定公開:動画のURLを知っている人のみ視聴可能(YouTubeの検索結果にも表示されません)
3.非公開:動画の投稿者が許可したユーザーのみが視聴可能

社内マニュアルなどは基本的に一般公開されては困るものが多いのではないかと思います。基本的には「限定公開」か「非公開」のどちらかになるかと思いますが、どちらにするかは社内で検討する必要があるかもしれません。

公開設定も、再生リストと同じ様に「動画をアップロードする時」でも「動画をアップロードした後」どちらでも選択できます。方法も同じなので、「再生リストの選択」を参考に設定して見てくださいね!

まとめ

YouTubeといえば娯楽用という印象が強いかもしれませんが、アイディア次第で社内教育や業務効率化に役立てることが出来る可能性を秘めています。

また使用方法がシンプルで簡単なことや無料で誰でも使用できるツールなので導入しやすいというのもポイントが高いと思います。

テレワークなども重なり、今後の社内教育をスムーズに行いたい方はぜひ試して見てはいかがでしょうか?

アカウントが無くてもインスタが見れて分析もできる!?[Gramho]

アカウントがないからインスタ見れないよ…

ウェブサイトでInstagramのアイコンをクリックし、Instagramのページに飛んだ時に、アカウント登録やログインを促される表示が出たことはありませんか?

gramho1

投稿を見たいだけなのに、これが表示されるとそれ以上見ることができなくて不便ですよね。

もちろんアカウント登録やログインをすれば見れるのですが
「ログインが面倒だなぁ〜」「アカウント作ってもそんなにインスタ使わないしな〜」っていう方も多いのではないでしょうか?

そんなとき「Gramho(グラモ)」を使うと、アカウント登録やログインをせずにInstagramを閲覧できるようになります!

さらに、アカウントのいいねやコメントの数などの統計も表示されるので、アカウント分析もできます。

Gramhoとは

Gramhoは、Instagramのアカウントが無くてもインスタの投稿を見たり、アカウント分析ができるツールです。

Gramhoへのアカウント登録は不要で、無料で使うことができます。

gramho2
クリックするとGramhoのサイトに飛びます

そんなGramhoの活用方法を紹介したいと思います。
 

1.アカウント登録やログインをせずにInstagramを見る

検索窓からキーワードやアカウント名を検索して、見たいアカウントをクリックするだけでInstagramを閲覧することができます

Instagramのアカウント登録やログインをしていなくても、アカウント登録やログインを促すウィンドウが表示されることはありません。

画像だけでなく投稿内容も一緒に表示されるので、どんな内容でどんなタグがついているのかとても見やすいですね!

さらに、Gramhoではストーリーも見ることができます。
通常であれば、ストーリーを見ると足跡がつきますがGramhoから見た場合は足跡はつきません。

 

2.アカウント分析をする

Instagramのアプリではいいねの数は非表示で見ることができませんが、Gramhoではいいねとコメントの数や人気指数が見れるので簡単にアカウント分析することができます。

他のアカウントの数値も見れるので、どんなアカウントや投稿が人気があるのか分析したい時にも役立ちます!

gramho
一覧ページ下部にいいねとコメント数が表示されます。

 

gramho
詳細ページではより具体的な数を見ることができます。

 

gramho
他にも、投稿に対してのいいねとコメントの平均値などInstagramのアプリでは知ることができない数値を知ることができます。

まとめ

今まではアカウント登録やログインは面倒だから、見るのやーめよ。っと諦めていた場面でも、Gramhoで検索すれば簡単にInstagramを見ることができます!
ブックマークしておいていつでも使えるようにしておくのはいかがでしょうか?

Instagramで情報収集をしたい場面でも、一覧表示で投稿内容も見やすいのでおすすめです!

LINE[オープンチャット]匿名で情報をキャッチ!

LINEを情報収集ツールとして活用??

情報収集といえば、インターネット検索やSNSなどを使っている方が多いのではないでしょうか?

しかし、インターネット検索では自分の欲しているピンポイントの情報を得るのが難しかったり、SNSの場合は個人アカウントを利用するので、体面や人間関係などもあり興味関心のあるコミュニティに参加しづらいことがありますよね。

そして、LINEと聞くと連絡手段として使うことを思うかべる方が多いと思いますが、実はLINEを情報収集のツールとして活用することが出来ます!

LINEのオープンチャットを活用すれば、個人アカウントを使わずに匿名で自分の興味関心のあるコミュニティに参加することが出来ます。

Openchat(オープンチャット)とは?

オープンチャットとは、LINEの個人アカウントを使わずに、興味や関心のあることや日常生活に密着した話題について会話や情報交換を楽しむことが出来るLINEのサービスです。

LINEをご利用の方は誰でも使うことが出来ます!
(未成年や年齢確認が出来ていない場合は、利用制限があります)

クリックするとOpenchat公式ブログサイトに飛びます
LINEのホーム>サービスの中に「オープンチャット」という項目から利用できます。

オープンチャットのメリット

1.不特定多数の人の意見を知ることが出来る

オープンチャットには様々なジャンルのトークルームがあります。

地域の情報やドラマ、音楽など日常生活や趣味のことから、お仕事の悩み・仕事で役立つツールについてやマーケティング・政治経済についての情報共有などなど、
トークルームの中で会話や情報交換が頻繁に行われています。

興味のあるジャンルから探すか、検索窓からキーワードでトークルームを探せます。

自分の興味のあるトークルームに参加しておくことで様々な情報をキャッチできます。さらに、質問をしたり会話をすることで情報を深堀りできるので自分の欲しい情報を得られます。

様々な価値観を持った人が集まっており、仕事の悩みや新しい企画・商品について聞くことで、不特定多数の人の意見を聞くことができるので新しい発見があるかもしれませんね。

2.匿名性が高い

各トークルームに参加する際に、LINEのメインアカウントと切り離して、プロフィール(名前・アイコン)を設定することが出来るので、個人を特定されることはありません。

なので、体面やリアルの人間関係を気にせず自分の興味関心のあるコミュニティに参加でき、フラットに会話や情報交換をすることができます。

「参加」をクリックで参加できます。
名前とアイコンは自由に設定できます。

社内や保護者同士の連絡手段としてLINEを使いたい場合に、個人アカウントを使うことに抵抗感がある方も多いのではないでしょうか?

そのような場面で、オープンチャットを活用すれば、個人アカウントを使うことなく匿名でグループLINEに参加できるようになります。

普段から使い慣れているLINEで社内や保護者同士の業務連絡が出来たら便利ですね。

3.安心安全に使える仕組みがある

オープンチャットでは、個人情報が分かるような投稿や連絡先の交換は禁止されており、違反行為を繰り返すユーザーは強制退会やLINEアプリ自体を停止させられます。

他にも以下のようなリスク対策が取られています。

・自動検知された違反の可能性のある投稿についての、オペレーターの目による24時間モニタリング体制強化
・サービス運営側であらかじめ設定したNGワードの自動削除
・トークルームの管理者が独自に設定できるNGワード登録機能
・画像のAIフィルタリングよる不適切画像の自動削除
・未成年及び年齢認証を行っていないユーザーに対するサービスの一部利用制限

安心安全に利用できるように様々な対策が取られていますが、サービスを利用する際に、まずは自分自身がモラルとマナーをもって利用することが重要だと思います。

まとめ

オープンチャットを活用することで、SNSやインターネット検索とは違った情報を得られるようになるのではないでしょうか?

また会話をしていくうちに想像していなかったアイデアが出てきたり、不特定多数の人とコミュニケーションをとれるので様々な価値観を知ることができます。

LINEは世界中の人と人、人と情報、サービスの距離を縮めることをミッションに、コミュニケーションツールという役割だけでなく、生活におけるプラットフォーム化へと進化しています。

これからLINEがどのように展開してくのかも楽しみですね。

お問合せ対応をスムーズに。[チャットボット]で顧客満足度をあげる

お問合せ対応スムーズにできていますか?

電話やメールで毎日のようにくるお客様からお問合せ。

「また同じ問合せ内容だ…」
「それについてはF&Qのページに書いてあるのにな」
「お問合せ対応で一日が終わってしまった」

などなど、お問合せの対応業務を負担に感じたことはありませんか?

そんな時「チャットボット」を導入することで、お問合せ対応の負担を軽減し業務を効率化することができます。

また、「電話が混み合ってて繋がらなかった」「いつも待たされる」「受付時間外だから問い合わせできなかった」などのお客様の不満を解消でき、顧客満足度向上にもつながります。

「チャットボット」って何?

チャットボットとは「会話(chat)」と「ロボット(robot)」を組み合わせた言葉で、人の問いかけに対して自動で応答してくれる自動会話プログラムのことを指します。

ホームページに訪れた際に画面の右下のほうに「ご質問はありますか?」などと表示され、困りごとを解決してもらったことがある人もいるのではないでしょうか?

飛企画のチャットボット

「チャットボット」のメリット

1.お問合せ対応の業務効率化

頻繁に聞かれる質問に対してはチャットボットが対応することで、対応スタッフは複雑な質問などの対応に集中できるようになります。

スタッフ1人が一度に対応できるお客様は基本1人ですが、チャットボットを設置しておくことで同時に複数人の対応も可能になり、対応スタッフの負担軽減と業務の効率化を図れます。

もしFAQのページがあるようなら、チャットボットがユーザーの回答となるページへ誘導してくれるだけでも助かりますよね。

2.顧客満足度の向上

お問合せをするユーザーには以下のようなメリットがあります。

・365日24時間いつでも問合せできる
・個人情報を入力する必要がなく匿名ですぐ問合せできる
・電話で待たされることや、メールが返ってくるまでのタイムロスがなく、すぐに回答が返ってくる

ユーザーは気軽にいつでも問合せができる上に、知りたかった情報をすぐに得られるので、顧客満足度向上につながります。

3.お客様との接触機会が増える

チャットボットなら電話やメールで聞くのを躊躇するくらいささいなことでも聞きやすいので、お客様がアクションを起こしやすくなり、顧客との接触機会を増やすことができます。

また、営業時間外の夜間や休日でも対応が可能になり、お客様との接触の機会損失を削減できます。

自社にあった「チャットボット」を選ぼう

チャットボットを導入する際は、チャットボットサービスを提供している専門業者に委託するのが一般的です。

しかし、現在チャットボットサービスは数えきれない数ほどあります。
お客様にも企業にもメリットの多いチャットボットですが、目的が曖昧なまま導入してしまうと「ただ時間と費用が無駄になってしまった…」ということになりかねません。

まずは、自社の課題を把握すること。そしてどの業務をチャットボットに担ってもらうのか判断し、自社にあったチャットボットを選ぶことが重要です。

まとめ

お客様からのお問合せには一つ一つ丁寧に対応したいものですが、余裕がなくなると負担に感じてしまいますよね。

チャットボットの力を借りることでお問合せ対応の負担を軽減し業務を効率化することができます。
また、スムーズなお問合せ対応を実現することでお客様にも満足していただけるようになるのではないでしょうか?

AIやロボットに馴染みがなくイメージが湧きにくいかもしれませんが、AIと人間が役割を分担し一緒に仕事をする未来はすぐそこにきているように感じます。
その一歩としてチャットボット導入を検討してみるのもいいかもしれません。

ブックマークの管理・共有は[raindrop]これひとつで!

自宅でも仕事場と同じブックマークが使えたらなぁ…

自宅で仕事をしている時に「仕事場と同じブックマークを使えたらいいのにな」と思ったことはありませんか?

ブラウザに元からあるブックマーク機能でも、同期させれば他のPCで使うことができますが少し複雑で、異なるブラウザでは使うことが出来ません。
かといって、サイトを共有するためにいちいちリンクを送るのも面倒ですよね。

そんな時、[raindrop]を使うと自宅でも仕事場でも簡単に同じブックマークを使えるようになります。

[raindrop]って何?

[raindrop]とは、アカウント登録&インストールだけでどんな環境でも同じブックマークを使うことができるブックマーク管理サービスです。
整理や共有も簡単で、サイトだけでなく画像やメールなどもブックマークすることができます。

raindrop.ioバナー
クリックすると公式サイトへ移動します。
[raindrop]を使うことのメリットは3つあります!

メリット1.どんな環境でも同じブックマークを使える

公式サイトでアカウント登録をして、拡張機能やアプリをダウンロードするだけでPCでもスマホでも、どこでもいつでも同じブックマークを使えるようになります。

PCごとに同期させたり、いちいちリンクを送る手間を気にすることなくどんどんブックマークできます!

アカウント登録

各ブラウザ、端末に対応しています。
Windows,mac,iphone,スマホでも利用できます。

拡張機能をインストールしたら、拡張機能バーにあるアイコンをクリックして、「Add Bookmark」をクリックするだけでサイトをブックマークできます。

ブックマークを追加する

メリット2.整理が簡単、探しやすい!

raindropではドラック&ドロップで直感的に分別することができるので整理も簡単です。

さらに、コレクション・フォルダ・タグで細かく分別でき、検索窓もあるので目的のブックマークをすぐ見つけられます。

ついつい溜まっていくブックマークですが整理しておけば、時間が経っても目的のブックマークをスムーズに見つけることができますよね。

メリット3.グループで共有できる

raindropではcollectionの共有リンクを作成して他の人に共有することが出来ます。

プロジェクトで共有したい参考サイトがたくさんあるときでも、いちいちコピペして送る必要がなく1ヵ所にまとめて共有できるので便利ですね。

ブックマークを共有する
①右上のシェアボタンをクリックする②トグルをクリックすると共有リンクが作成されます。
③共有したい相手のメアドを入力して招待することができます。

ブックマークに招待することもできるので、共同でブックマークを管理できます。

チャットで参考サイトなどを複数人がバラバラに共有すると後から探すのが大変だったりしますが、raindropでまとめて共有・管理しておけば見返すのも簡単になりますね。

まとめ

[raindrop]でブックマーク管理をすることで、いつでもどこでも同じブックマークを使えるようになるので、自宅でも仕事場と変わりなく作業をスムーズに進められるようになるのではないでしょうか?

前回、紹介した「Station」に追加して使い始めることもできるので、ぜひ使ってみてください!

[Station]でアプリを一元管理!業務をスムーズに。

便利なアプリが、仕事の手間に…

便利なアプリやオンラインサービスが増え、普段から複数使っている方も多いと思います。

Slackで連絡が来てGoogleカレンダーで確認して、スプレッドシートで確認して、返信して。他に通知が来ているものを探して、また別タブを開いて確認して…

便利がゆえに様々なアプリやサービスを使ってしまいますが、管理や切り替えなどが大変でストレスに感じたことはありませんか?

出来れば便利なアプリをストレスなく快適に使いたいですよね。
そんな時におすすめなのが「Station」です!

クリックすると公式サイトに移動します。

アプリを一元管理できる「Station」

Stationを使うと複数のアプリやオンラインサービスを一つの画面で管理できます。

GoogleDrive、Gmail、slack、chatwork、facebook、twitter、instagramなど主要なアプリを追加して、一つの画面で切り替えや通知の確認ができるようにしておけば、作業効率が上がり仕事をスムーズに進めることができるようになります。

他にも以下のメリットがあります!

◎アプリの切り替えが簡単

右側のツールバーに表示されているアプリのアイコンをクリックするだけでアプリを切り替えることができます。

タブをたくさん開く必要も、アプリをそれぞれ起動させる必要もないので業務をスムーズに進められます。

station

◎通知の確認が一目で出来る

通知が来ているものをリスト表示してくれるので、どのアプリでメッセージが来ているのか探す手間もなく一目で分かります。

station
左下の四角をクリックすると通知が来ているものが一覧表示で確認できます。四角の右上の丸が赤くなっていると未確認の通知があるという意味です。

Stationを使ってみよう!

公式サイトで無料でダウンロードすることができ、Mac・Windowsどちらでも利用することができます。

公式サイトへ行く

station
1. 「Download for Free」をクリックするとダウンロードが開始されます。
2.ダウンロードが完了したら赤枠のボタンをクリックしてアカウント登録をします。Googleアカウントでの登録も可能です。
station
3.普段使っているアプリを追加する
①右下の「+」をクリックすると追加できるアプリが表示されます。
②追加したいアプリにカーソルを合わせ「+」ボタンをクリックすると追加できます。

簡単に使い始めることができ、UIもシンプルなので使いやすい点もおすすめです。

まとめ

Stationを使い普段使うアプリなどを一元管理することで、何気ない業務のストレスを解消することができます。

アプリを快適に使うことで仕事をよりスピーディーにスムーズに進められるようになるのでぜひ使ってみてください!

これからは情報を引き寄せる![アプリのススメ]

これから社会はどうなるの?

最近「これから社会はどう変わるのだろう?」「どんな流れになるのだろう?」「一体どこへ向かっていけばいいのだろうか?」と考えることが前より多くなった気がします。

そこでいざ情報が欲しいと思ってインターネットで検索したり、SNSを覗いてみたりしても、調べている間に行き詰まってしまったり、そもそも情報収集することを負担に感じた方もいるのではないでしょうか?

そこで情報が溢れている社会で、情報を集めることに疲労困憊することなく効率的に情報を手に入れる方法をおすすめのアプリと一緒に提案したいと思います。

情報を引き寄せる

情報収集に消耗せず効率的に情報を手に入れる方法とは、普段からアプリなどを利用して情報を引き寄せる環境を整えておくことです。

普段から環境を整えツールや情報に慣れておくことで、どんな時でも興味関心のある事柄についての有益な情報が探さなくても引き寄せられるようにスムーズに情報を得ることができ、情報収集に消耗しなくていいようになります。

特にTwitterやYouTubeがおすすめです。ユーザーが多いのでたくさんの情報を得ることができる上に、操作も簡単で手軽に使い始めることができます。

これらは、エンタメやコミニケーションを楽しむためのアプリというイメージがあるかもしれませんが、日々の暮らしの情報から世界中の最新情報を知るために欠かせないツールとして多くの人から重宝されています。

そして、普段から情報に触れておくことで、どれが正しい情報で必要な情報なのかを見極める力がつき、日々の生活や社会と結びつけて考えられるようになることでいざという時でも冷静に社会の流れが見えてくるようになるのだと思います!

おすすめの4つのアプリ

1.Twitter

Twitterは世界中の膨大な量のリアルタイムな情報で溢れています。知り合いの近況やつぶやきだけでなく、日本や世界で話題になっていること、政治家・著名人・インフルエンサーの動向やアウトプットなど幅広い有益な情報を知ることができます。

誰をフォローしていいのか分からないという方は、興味のある分野の中心人物や、信頼できる人がフォローしているアカウントをフォローすることで質の高い情報を得ることができたり、スパムアカウントを避けることが出来ます。

とりあえずフォローしたけど微妙だなと思うアカウントはフォローを外してもいいと思います。

twitter通知
鈴のマークを押すと、通知を受け取れるようになります。

普段からタイムラインを見て興味あるツイートにいいねや保存をしたり、フォローするアカウントを整理することで、信頼度の高い必要としている情報がリアルタイムで自然と流れてくるようになります。

rel="noopener"
①キーワードで検索することでそれがどのように話題になっているか知ることができる。時系列やお気に入り数などフィルタ検索もできる。商品やサービスの評判を調べるときに使えます。
②各地域のいま話題になっているキーワードが表示される。「おすすめ」は位置情報やフォローしているアカウントをもとに表示されます。

膨大な量の情報がリアルタイムで投稿されているので、フェイクや偏った情報が拡散されていることもあります。たくさん拡散されているからといって鵜呑みにせず客観的に捉えられるようになっておきたいですね

2.YouTube

Youtubeはユーチューバーなどエンタメを楽しむための動画配信サービスという印象が強いかもしれませんが、解説動画やレビュー動画、Howto動画など幅広く配信されており、検索エンジンとして使うことでより詳細で専門的な情報を得られます。

本を読むよりも軽い気持ちでもっと詳しく知りたい!と思ったことを知ることができます。

たくさん動画がある中で短時間で目的にあった動画を見つけるためには適切なキーワードで検索することと、「フィルタ検索」がおすすめです。

YouTube検索フィルタ
検索フィルタを細かく指定することでキーワードの検索だけでは出てこない動画を見つけることができます。質の高い動画を探すには評価や再生回数を設定するとよいです。

チャンネル登録をして通知をオンにしておくことでアプリを開かなくてもチャンネル内の新着動画が配信されたことやライブ配信が始まったことをすぐに知ることができます。

YouTube通知設定
チャンネル登録すると鈴マークをクリックして通知を受け取れるようになります。

ついつい他の動画に寄り道してしまったり、いつの間にか時間があっという間に過ぎてしまった!ということもあるので時間を決めて見るのがおすすめです。

3.Voicy

Voicyとはビジネスの専門家やミュージシャン、インフルエンサーなどの「声のブログ」を楽しめるボイスメディアサービスで、ウェブやアプリから無料で聞くことができます。

voicyは審査を通った人だけが配信できるので専門家からインフルエンサーまで配信者の幅は広いですが、どれも良質で勉強になる情報を得ることができます。

クリックすると公式サイトにとびます。

西野亮廣さんや茂木健一郎さん、ホリエモンさんなどその道のプロの普段聞けないスキルやマインド、キャリアについての考えを聞くこともできます。

音声なのでニュアンスや、温度感(テンション)を感じ取ることができるのもメリットです。

耳から情報を取り入れられるので、両手が塞がってる時でも聞けますし、何か作業をしている時に聞いてみるのはどうでしょうか?

4.Feedly

Feedlyとは、ホームページやwebメディアのコンテンツの更新日や内容をまとめてくれるRSSリーダーのひとつです。
これを使えば、サイトにいちいちアクセスしなくても更新された記事だけを教えてくれるので、効率的に最新情報を知ることができます。

feedly
クリックすると公式サイトにとびます。
詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

情報収集は[Feedly]で効率的に!

まとめ

紹介したアプリを使うことで情報を引き寄せることができるようになり、社会の流れをより早くキャッチすることができます。

社会の流れがどこに向かうか分からない時でも、情報を取り入れ適切に理解することができる準備が普段からできていれば進むべき方向が見えてくるのではないでしょうか。

情報の中にはフェイクやデマなども紛れていることもあるので、普段から情報に慣れておくことで見極める力もつき有益な情報を集められるようになると思います。

ただ、情報をずっと追っていると疲れてしまうので自分にあった程よい距離感で情報と付き合っていきましょう!

ピンチをチャンスに変える[Zoom]の活用法

お客様に会えない!あなたならどうする?

コロナの影響で、人と会うという当たり前のことができなくなり

  • 今までと同じサービスの提供の仕方だとビジネスが成り立たない
  • 今までオフラインでしていたことをどのようにオンラインに展開していけばいいのか分からない

などの悩みがあるのではないでしょうか?

そこで活用していただきたいのがオンラインミーティングツールの「Zoom」です!リモート化が進みオンライン会議などで実際に使ったことや聞いたことがある方も多いかと思います。

そんなZoomの活用の仕方を提案したいと思います!

どうして「Zoom」なの?

いろいろなオンラインツールが存在しますが、規模や用途に合ったものを活用することでより有用性が高まります。

その中でもZoomは、初めての人でも直感的に使いやすいことに特化しているのでオンラインツールに慣れていないお客様とのやりとりに向いています。

ZOOM
↑クリックでZOOMのオフィシャルサイトへ移動します。

セキュリティ面の不安もありますが、現在ではミーティングルームに入室するときはパスワードが必須になり改善されているようです。
いずれにしても、パスワードや招待URLの管理を厳重に取り扱うことが重要です。

以前なすすべで紹介したことがあるので、詳しい使い方や説明はそちらを参考にしてください!

過去の記事→業務を効率化するスマートなWEB会議[ZOOM]

Zoomの活用方法

1.Zoomミーティング×見学会・相談会

対象業種:工務店、家具・建具メーカー、卸売業

例えば工務店であれば、Zoomミーティングを活用し現場や商品の撮影をしながら案内・説明を行うことで住宅の見学会・相談会をオンラインで行うことができます。

ネット環境があればどこでも出来るので、今まで遠方だったり時間の都合が合わずなかなか足を運べなかったお客様も参加することができます!

(導入例)
1.事前にHPやSNSなどで告知を行い、予約をしていただいたお客様にZoomの参加用URLとミーティングパスワードを送ります。

待機室を有効にすると、参加者を確認してから参加させることが出来ます。

2.当日、ご予約の時間になったらURLをクリックしてパスワードを入力し入室(参加)していただきます。

招待される側がパソコンの場合は、会員登録やアプリのインストールの必要がないのでどなたでも利用しやすいですね
(スマホの場合は、アプリをインストールすることでZoomを利用できます)

2.Zoomビデオウェビナー×ノウハウの発信

対象業種:コンサル業、教育機関(講義・講演会)、会社(説明会・研修)

Zoomビデオウェビナーを活用することで、場所や人との接触を心配することなく自分の知識や経験などのノウハウを日本に留まらず世界中に発信することができます。
※ウェビナー・・・ウェブセミナーの略称。ウェブでセミナーの配信を行うこと。

ノウハウを発信することで、見込み客やファンの育成につながります。
それだけでなく、paypal(オンライン決済サービス)と統合されているのでコンテンツを収益化することも可能です。

ウェビナー

録画機能を使えばワンクリックで記録を取ることができ、facebookやYoutubeなどで動画を公開しておくことで、ウェビナー終了後も新しい顧客を獲得できます。

会場の費用や準備などの開催コストや、参加者の会場までの移動時間・交通費を削減できるというメリットがあり、以前から学校で行う講義・講演会や会社説明会などで利用されています。

3.Zoomミーティング×コミュニケーション

対象業種:福祉施設、保育園・幼稚園

Zoomミーティングを利用して先生や職員の方が利用者さんや子供たちの家庭と繋げてコミュニケーションを図るのはどうでしょうか?

オンラインで顔を見れるだけで安心できたり明るい気持ちになれたり、今だからこそとても重要な役割を果たしてくれると思います!

ピンチをチャンスに変えよう

人と会うということや外に出かけるなど当たり前のことが出来ない今だからこそ
オンラインツールやSNSを積極的に活用することで、顧客との新たな関係を築くことが出来たり、より良いサービスを提供できるチャンスに変えれるのではないでしょうか?

なすすべの過去の記事でも様々なオンラインツールを紹介しているので是非参考にしてみてください!

チャットワークの[タスク機能]で報連相をもっと気軽に!

会社内や、大人数でプロジェクトを進めるときにこんなこと思ったことはありませんか?

・あの作業は〇〇さんが担当だったけ?
・頼んでおいた作業はできたかな?
・次の会議の資料送ったけど、みんな目を通してくれたかな?

でも、ひとつひとつ聞いて確認を取るのはなんだかな~。
報連相は大事だけど、人数も多くなればなるほど手間に思ってしまいがち。。

そんな報連相をもっと気軽にできるよう手助けをしてくれるのが、チャットワークの【タスク機能】です!

チャットワークのタスク機能って?

自分のタスク管理やチームでの業務の分担・進捗の管理や情報共有化ができるチャットワークの機能です。

画面右側の「タスクの追加」を選択

タスク内容、担当者、期限を選択して「タスクを追加」を押すとタスクが追加されます。

(タスクを追加するときの操作画面)

送られてきたメッセージをタスクに追加したり、資料が添付されたメッセージもタスクに追加することができます。

報連相をもっと気軽に!

タスクを依頼するにはタスク依頼を送るだけ。
タスクを依頼された側は作業が完了したら完了ボタンを押したらいいだけ!

依頼するのも完了したことを知らせるのもとても簡単ですね

資料添付したメッセージを送信してからタスク化を選択すると、添付ファイル付きのタスクを依頼することもできます。

大人数に資料を確認してもらいたいときもこの機能を使えば、一気に漏れなく周知できるうえに、だれが確認済みなのか一覧で把握することも可能になります。

同時に、記録が残るので言った聞いていないのやりとりもなくせそうですね

タスクを明確にして進捗管理を容易に!

大人数のプロジェクトでも「誰が」「いつまでに」「何をしなければいけないのか」を明確にできるのでタスク漏れを防げます。

タスクは、管理画面で一覧で確認できるので、誰がどのタスクを完了していて、誰がどのタスクが未完了なのか把握できます。

未完了のものがあればチャットでメッセージを送って作業進捗を聞くこともできますね

まとめ

普段チャットワークをビジネスコミュニケーションツールとして使っている方は多いのではないでしょうか?

チャットだけでなく【タスク機能】を使えば業務の分担・進捗管理を簡素化できるうえに普段の報連相をより気軽にすることができます。

プロジェクトを進めるときや、会社内の報連相の手段としてチャットワークの【タスク機能】を使ってみてはいかがでしょうか?

あなたのタスク管理にリスクヘッジのもう一手[LINE リマインくん]

手帳に書いた予定、忘れちゃってた・・・

デスクに置かれたカレンダーやスケジュール帳、PCやスマホの中のタスク管理ツールなどなど。沢山の方法やツールがある中、あなたは日々のスケジュールやタスクをどの様に管理しているでしょうか。

しっかり管理しているつもりでも、ついうっかり予定が抜けてしまっていた!なんてことありませんか?そんな事が起こらない様に、もう一つ予備でリマインダーを準備しておくのはいかがでしょう。

「そりゃああった方が良いけど、サブのツールに面倒なのはちょっと・・・」

そんな風に思われた方に、第二の予定管理ツールとしてオススメなのが[LINE リマインくん] です!!(もちろん第一として使って頂いてもとっても便利なツールですよ!)

あなたのタスク管理にリスクヘッジのもう一手[LINE リマインくん]
↑クリックでリマインくんのページへ移動します。

友達登録するだけで、しっかり者の秘書が付いている様な安心感。

[LINE リマインくん]は、その名の通り、LINEのメッセージ画面を使用し、スケジュールをリマインドしてくれるツールです。

仕組みはいたってシンプル。友達にLINEを送る様にリマインくんに今後の予定をメッセージとして送ります。お知らせをして欲しい予定時刻になると、リマインくんからメッセージが届くという仕組み。うっかり忘れてしまいがちなタスクをリマインくんがお知らせしてくれるので、安心して業務に集中できますよ。

[LINE リマインくん]メッセージ画面
リマインくんのコメントが優しい!

いつものLINEと同じ感覚で使用できるので、難しい操作も必要ありません!導入障壁下がりまくりです!

グループラインもリマインくんにお世話になりたい!

もちろん、リマインくんはグループラインでも活躍してくれます。プロジェクトチームなどビジネスの現場でLINEグループを作成している場合は、すぐにリマインくんをお友達登録されることをオススメします。ミーティングやプレゼンなどの予定を全員で共有することが出来るので安心ですね。

リマインくんの使い方

1.まずはリマインくんを「お友達登録」

下記のQRコードからリマインくんをお友達に登録しましょう。

[LINE リマインくん] QR
↑クリックでQRコードのページにジャンプします。
2.リマインくんに予定を伝える

忘れては困るタスクやスケジュールと、その予定をいつ教えて欲しいかをリマインくんに伝えましょう。
[LINE リマインくん]使い方

基本的には、たったこれだけでOK!予定時刻になると、リマインくんがお知らせしてくれます。

キャンセルの場合や毎月・毎週繰り返し教えて欲しい予定もリマインくんに伝えるだけで、対応してくれますよ。

[LINE リマインくん]使い方
キャンセルの場合
[LINE リマインくん]使い方
リマインドを繰り返す場合

他にも現在の予定を確認したい場合は、「一覧を見る」ボタンを押すと確認できます。
[LINE リマインくん]使い方

リマインくんの懸念点

こんなに簡単便利なリマインくんですが、以前にアクセスが集中し過ぎてしまい、リマインダー機能が使用できなくなり、通知がこなくなったこともあったようです。今後の更なる改善に期待したいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?いつも使っているみじかな存在のLINEをもっと便利に利用できる方法をご紹介しました。LINEを見るという日常の行為をタスク管理に賢く取り入れて「うっかり忘れ」のない日々を過ごしたいですね。

最近忙しくてスケジュールの抜けが多い・・・なんてお悩みの方は今すぐリマインくんに助けてもらいましょう!

プロジェクトチームのタスク管理にお困りの方へ[Trello(トレロ)]

このタスク、誰担当?で、この作業終わったの?納期は!?

複数人のチームでプロジェクトを行う際に大切なことの一つがタスク管理です。業務を進めていく上で、メンバー同士はもちろん、プロジェクトリーダーなど管理者の立場にある人ほどメンバーの担当タスクや進捗状況を常に把握しておきたいもの。

メンバーでタスクを共有出来て未着手と着手済みのタスクが一覧で表示されてメッセージや画像も投稿出来てそうそう、打合せで外出も多いからスマホでも確認したいしなあ。」

そんな欲張りな理想を描くアナタにぴったりのタスク管理ツールが「Trello」なんです!しかも無料で始められます。(機能をグレードアップする場合は有料となります。)

Trelloロゴ
↑クリックでTrello(トレロ)のオフィシャルサイトへ移動します。

複数のタスクリストで現在の進捗状況を一目で把握。

Trelloは、「ボード (Board)」>「リスト (List)」>「カード (Card)」の3つの構成要素から成り立っています。

  • ボード・・・プロジェクトごとの一番大きなまとまり
  • リスト・・・タスクリストの見出しとなる進捗ごとのまとまり
  • カード・・・タスクごとに作成

Trello使用説明

ここで注目すべきは、一つのボード内に複数のリストが作成できること。複数リストの作成により、使い方の可能性がグッと広がるんです!

【パターン1】業務の進捗状況をわかりやすく表示したい

業務の進捗状況に合わせてリストを作成。現在どの程度タスクが完了しているかが一目でわかります。
Trello使用例1

また、リストやカードはドラッグ&ドロップで移動できるので、業務終了後は「完了!」リストにカードをサクッと移動出来ます。
Trello使用例1-2

【パターン2】担当者ごとにタスク管理をしたい

誰がどの業務を担当しているかを一番わかりやすく知りたい場合は、担当者ごとにリストを作成します。リーダーが社内でのタスクを管理・把握したい場合に適しています。
Trello使用例2

ーーー

その他にも、日付ごとにリストを作成したり、ブレストなどのアイディア出しに使用するなど使い方は自由自在です!

Trelloの機能を活用してもっと便利に

1.カードの設定を活用しよう!

カードをクリックすることで、タスクに関わる様々な設定が利用出来ます。

例えば、

  • 担当者の追加
  • ラベルの作成
  • タスクに関する説明文章の入力
  • メッセージのやり取り
  • 期限の設定とリマインダー
  • チェックリストの作成
  • 添付ファイルのアップロード

など。

Trelloカードの機能

また、特に便利だなと感じるのが、アクティビティログでのコミュニケーションです。プロジェクト管理に必要な報・連・相が、いつでもどこでも行えるため、タスクに関する指示や報告を効率的に行う事が出来ます。また、忙しいと忘れがちな伝言を記録に残しておけるので、「言った・言わない」といった小さいトラブル防止にも一役買ってくれます。

その他にも「メンバー」ボタンでタスクの担当者を表示出来ます。メンバーのアイコンを顔写真で登録しておけば、担当者が一目でわかるため管理がしやすくなりますね。

2.社内メンバーはチーム作成で一括管理

通常、ボードを共有する際は、画面上部中央にある「招待」ボタンを使用します。
Trello招待

この方法は、[一度きりしか共有しない外部の顧客]などの場合は良いのですが、[常にタスクを共有する社内メンバー]などは「チームを作成」することで更に便利に。ボタン一つでチームメンバーに一括共有出来てしまいます!
Trelloチームの選択
*ちなみにチームの作成はログイン後のTOPページから行えます。
Trelloチームの作成

3.他のツールとの連携で更に便利に

slackやchatwork、googleなどユーザーの多いツールと連携出来るのも強みの一つ。また、登録したタスクをExcelデータで吐き出せるChrome拡張機能も用意されていたりもするので、必要に応じて使用してみてはいかがでしょうか?

まとめ

複数の人が絡むタスク管理は、些細なことから情報の行き違いが起こりがちです。進捗状況の把握に時間と手間がかかる場合もあるでしょう。しかしTrelloなら、現在何が終了しているのか、どこで詰まっているのか、誰が担当なのかを一つの画面で把握できるので、プロジェクト管理にかかる時間と手間を効率化する事が可能となります。

Trelloはとにかく自由度が高いツールなので、使い方に困ったら、まずはシンプルに始めて見るのがオススメです。
感覚が掴めたら、プロジェクトや自社の業務フローなどに合わせて、お好きなようにカスタマイズして使用されてみてはいかがでしょうか。